スポンサードリンク
   

モンテッソーリ教育を家庭でも取り入れることは、お家の中に限らず外遊びの中でも実践することができます。
一歩外に出てみれば、たくさんの草花があり動物に触れてみたりする機会を与えることができます。動植物のお世話をさせることで自然への配慮が身に付くのです。



3歳まではすべての印象を5感で取り込む時期だと考えられているので、お花を摘んでみたりそのにおいや肌触り、色を楽しんだりすることも重要なことなのです。



花飾りを作ったり押し花にしたり、こどもたちは個々に取り組んでいくことで創造力も豊かになることでしょう。
自然の中で学びたいならキャンプもおすすめです。


広い山の中では大きな声を出したり走り回ったり思いっきり遊ぶことができます。材料やイスを用意してあげたら料理もお手伝いしてもらいます。何でもやってあげるではなく、大人が少し配慮してあげることで子どものできることは広がるのです。




くだもの狩りは5感を刺激するのに効果があるといいます。普段の生活の中では見る・触ることはできても嗅ぐ・舐める・食べるといった体験は意外と少ないので、くだもの狩りから学べることはたくさんあるのです。


このときもなるべく自分で摘むことが大事で、自分で頑張って摘んだ果物をその場で味わうことができて子どもたちも大喜びです。
雨が降っても傘を持ってレインコートを着せて外へ出かけてみましょう。



濡れた植物をさわったり、においを嗅いだり、両手を出して雨の感触を確かめたり雨の日だからこそ体験できることがあります。モンテッソーリ教育では自然は多くのことをこどもたちに与えてくれるという考え方をしているので、モンテッソーリの園の生活だけに頼らず、家庭でも積極的にこどもと外に出ていくことが大切なのです。



子どもが興味のあるものを見つけたらそれに共感すること、そして触れかたを見せてあげることで次第に子どもも楽しみ方を自分自身でも見つけることができるようになります。



草花の名前を教えてあげようとして、これは何?と質問攻めにしたり知識を詰め込ませようとすることはしてはいけません。
大切なことは親も一緒に楽しむことです。

子どもが発見したことを親子で楽しむ、あとはそっと引いて見守ってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 正社員で共働きのお母さんには保育園をオススメします。 私は育休一年で職場復帰しました。 …
  2. 保育園
    2歳の息子をもつ母です。 息子が産まれてからどんなおもちゃを買っていいのかよくわからなかったの…
  3. 我が家の小学一年生(7歳)の娘は、年長の時からベネッセの「スマイルゼミ」を受講しています。 …
  4. Chaoone!(ちゃおーね)とは?  子供達の豊かな未来を創造する、英語・知育開発・幼児教材の「…
  5. 息子も私も気分転換になればいいなと思って始めました。 親からは『0歳から習い事なんてさせてもあ…
  6. 体験ブログ
    息子は現在五歳で、幼稚園の年中さん。 人見知りが激しく、新しい環境や物事に慣れるまでにとても時…

最近の投稿

ページ上部へ戻る