幼児から体操教室に通わせるメリットは?【体験ブログ】

スポンサードリンク
   

私の子供は幼稚園の年少の時から体操教室に通っています。


先生たちもオリンピックを目指している人たちなので、内村航平さんと試合をしている先生たちの大会を見に行ける機会を与えてくれたり、幼稚園の年少の時から総合体育館で試合を子供たちにもさせてくれる機会を与えてくれています。



子供自身小さい時から大きな舞台で演技をすることで、度胸がつき幼稚園の発表会や小学校にあがった今でも、積極的に手をあげ、はきはきとものを言えるようになりました。

緊張をうまくプラスに変える力がついたように思います。
運動能力もプロの世界を目の前で見ることによって「先生かっこういいな」「内村航平君すごいな」などよく話すようになりました。
子供自身あこがれが強くなり、高い目標を持って楽しんでやっているようです。



年少の時は、総合体育館で演技が終わると先生からお菓子がもらえることに大喜びだけでしたが、年長にあがってから演技で自分の思っていたより点数がとれていなかったと悔し涙を流すようになりました。



また、学校のお友達とは違う異年齢のお友達が体操教室でたくさん出来るようになり、誰とでも人見知りせずに話しかけたり体操の始まる前の空き時間は、みんなで鬼ごっこをしたり楽しそうに遊んでいます。


この先、子供がいろんなことに挑戦することで、挫折する時もあると思います。
その時に、また頑張ればいいという強さを今のうちから持ってもらえるようになっていけると感じています。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『こどもちゃれんじbaby』と言うコースがあり一歳の誕生日から始めました。 生後半年になる息子…
  2. 我が家の小学一年生(7歳)の娘は、年長の時からベネッセの「スマイルゼミ」を受講しています。 …
  3. 8歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子を子育て中の主婦です。 現在、私は、43…
  4. 5つの幼稚園で悩みました。 自宅から子供の足でも苦労なく歩ける幼稚園が2つ、 少し頑張れば歩…
  5. 私の息子は5歳、幼稚園の年中です。 幼稚園なので保育時間は2時で終わるので、昼から親子で過ごす…
  6. 天才を育てる子供部屋
    幼児教育は教育だけではなく「子供部屋」も大事! 幼児教育と聞くと、モンテッソーリなどの「教育法…

最近の投稿

ページ上部へ戻る