シュタイナー教育法とは?ポイントは自立的な意味での「自由」。

スポンサードリンク
   

シュタイナー教育法とは、オーストリア生まれのルドルフ・シュタイナーが人智学に基づいて確立した教育法です。
日本ではシュタイナー教育法、ドイツではウォルドルフ教育学と呼ばれています。

 

 

シュタイナー教育法は1920年代の自由主義教育の流れを受けて確立され、自由な教育を目指していると言われています。

 

自由な教育の「自由」は、放任という意味での「自由」ではなく、子供達が自分で考え、自分で判断し、自分で行動する、という自立的な意味での「自由」を指しています。
自由な教育は、子供達が自分をよく知り、自分はどんな人間なのか気付くことができるため、アイデンティティを確立するきっかけを促進する教育とも言えます。

 

シュタイナー教育では人間の成長を7年ごとに分けて捉えています。
0~7歳は意思、7~14歳は感情、14~21歳は思考が成長すると言われています。
それぞれの年齢に合わせて、教育方法を変えることを提唱しています。

 

また、リズムや図形などのイメージを用いることで、芸術的に教育を実施するべきと定義しました。
物事を教える上で理屈より芸術的に教えることで、理解に結びつきやすいと提唱しました。

 

具体的な一例として、数字の3を教える上で、3拍子のリズムに合わせて数えたり、3本の線から成り立つ三角形の絵を描いて教えます。
それによって、子供は3という数字が理解しやすくなると言われています。

 

日本でもシュタイナー教育は理屈で教えるよりも子供がストレスなく学べるのではという考えの親も多く、導入されています。

 

シュタイナー教育を一から学ぼうとすると哲学的で少し難しいという人も多いと言われています。
そのため、シュタイナー教育に興味のある方は、シュタイナー教育関連の子供のおもちゃからはじめてみても良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 6歳の娘はこの4月から小学生になります。 だいぶ個性が強く協調性もないので公立の小学校では「支…
  2. 認可保育園と無認可保育園
    保育園には認可保育園と無認可保育園があります。 何が違うのか、私もはっきりとは知らなかった…
  3. 『こどもちゃれんじbaby』と言うコースがあり一歳の誕生日から始めました。 生後半年になる息子…
  4. 英語であそぼプラネット
    英語であそぼプラネットとは?  放送開始から20年を超す、NHK Eテレの人気子供番組「えいご…
  5. 0歳児の時期は、子どもの心に安定感や安心感を与えるため、母親とのスキンシップが重要な時期です。 …
  6. 娘が取り組んでいたのは体操教室です。 3年保育で私立幼稚園に通っていたのですが、その幼稚園のカ…

最近の投稿

ページ上部へ戻る