スポンサードリンク
   

満1歳から通うことができるドラキッズの幼児教室


小学館が運営する幼児教室で、満1歳から通うことができます。
「好奇心の根を伸ばす」ことを大切にしており、色々な刺激を与えることで、子ども達の可能性を広げる活動をしています。

子どもの年齢に合わせたクラス設定で、ドラキッズでは総合教育コースと英語コースがあります。

ドラキッズの総合教育コースは、「あたま、こころ、からだ」をバランスよく育てるために、7つの分野【言葉・文字、数・形、音楽・英語、こころ育て(EQ)、運動、造形、自然】からカリキュラムが組まれています。


英語コースはレッスン中は全て英語で、歌、ダンス、あそび、創作活動を取り入れています。
専任英語講師のに加えて、定期的に外国人講師のレッスンも行われるようになっています。


通いやすいと評判、転校も出来るドラキッズ


ドラキッズの教室は全国各地多数あり、百貨店やショッピングモールなどに入っていることが多いので、通いやすいと評判です。また転校なども対応されています。



遊びを通じて学びながら、社会性や自主性を身につけ、お母さん達には心配な「母子分離」も徐々に進められるようになっています。
ドラキッズの講師は基本2名(保護者同伴のクラスは講師1名の場合あり)で、幼稚園教諭や保育士の経験があり、しっかりとした研修を受けた方がされています。


体験者からは、お勉強、という感じがなくお行儀についての指導もしっかりあってよかった、英語に触れる機会もあってよかった、毎回レッスンに行くのを子どもが楽しみにしている、などの声があがっています。
ドラキッズの費用は入会金と月会費の他に教室運営費(教材費含む)が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. こどもちゃれんじベビーとは?  めざましく成長する0歳児の時期に必要な月齢に合った「遊び」と「…
  2. 我が家の小学一年生(7歳)の娘は、年長の時からベネッセの「スマイルゼミ」を受講しています。 …
  3. 子供を連れて幼稚園の見学に行きました。 夏のある日でしたが、子供たちがボールや泡立て器を使って…
  4. 英語であそぼプラネット
    英語であそぼプラネットとは?  放送開始から20年を超す、NHK Eテレの人気子供番組「えいご…
  5. しちだ・教育研究所とは?  「言葉や文化が異なっても、教育において最も大切なことは変わらない」…
  6. 体験ブログ
    息子は現在五歳で、幼稚園の年中さん。 人見知りが激しく、新しい環境や物事に慣れるまでにとても時…

最近の投稿

ページ上部へ戻る