スポンサードリンク
   

 

サドベリースクールは、フリースクールと似ているところがあります。
フリースクールは、いじめなどが原因で不登校になった生徒が通う選択肢の1つです。
勉強については、地域により内容が異なるようです。統一されていないのですね。

 
不登校は決して悪いことではありません。家庭の教育方針や子供への接し方、学校での問題など様々なことが原因と考えられますが、子供自身を責めることなく、フリースクールに通いながら、元の学校に戻るのか、フリースクールで高校卒業認定をもらうのか、生徒により過ごし方や、その後は異なるようです。

 
サドベリースクールは世界にありますが、考え方は統一されています。

 
生徒の自主性を尊重しています。生徒とスタッフは対等です。

ルールは学校(スタッフ)が決めるのではなく生徒との話し合いで決まります。
これらが、フリースクールとは異なる点ではないでしょうか。

 
学年というくくりもなく、異年齢の生徒たちがお互いを尊重し、自分のやりたいこと、好きなことを追及できる環境の整ったサドベリースクール、子供だけでなく大人にとっても
夢のような教育方針であり、学校ですよね。

 
日本の義務教育は、ゆとり教育が終わり子供達は時間に追われている毎日です。
サドベリー教育の、ほんと一部でもいいので日本の公立の学校でも取り入れられたら、いじめや学級崩壊もなくなるのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の義務教育とは異なるサドベリースクール サドベリースクールは、全てにおいて日本の義務教育と…
  2. 8歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子を子育て中の主婦です。 現在、私は、43…
  3. 体験ブログ
    息子は現在五歳で、幼稚園の年中さん。 人見知りが激しく、新しい環境や物事に慣れるまでにとても時…
  4. 子供を連れて幼稚園の見学に行きました。 夏のある日でしたが、子供たちがボールや泡立て器を使って…
  5. 保育園
    2歳の息子をもつ母です。 息子が産まれてからどんなおもちゃを買っていいのかよくわからなかったの…
  6. モンテッソーリ教育の教育方針は? 8歳と6歳の子供がいます。 二人はカトリックの幼稚園に通い…

最近の投稿

ページ上部へ戻る