入って良かった幼稚園。その理由は・・・【体験ブログ】

スポンサードリンク
   
体験ブログ

年長の途中から少しの間ですが幼稚園に娘を通わすことにしました。
どうしようかすごく悩んだのですが、もうすぐ卒園式を迎えます。

結果的には幼稚園に通わせて、良かったなと思っています。


理由としては年中、年長さんの二年間の幼稚園で広々した園庭と遊戯室を使って好きな遊びができます。
紙や紐や箱や毛糸など園にあるものを自由に使って工作もできます。


発想力が豊かになり細かい作業もよくするようになりました。

大きな声で挨拶が出来るようになりました。



保育園では同じ年の女の子が数人しかいなかったのに比べ、沢山のお友達ができました。気の会うお友達も出来たようです。


色々な体験もさせてもらいました。
お茶会に餅つき、昔の遊び等々。


冬にはどこで氷が良くできるか、部屋においておくとどうなるのか、と遊びのなかで発見出来るような体験を沢山してくださいました。

クラスのみんなで知恵を出しあい、話し合いながら出し物の準備などをしていました。

ある日「お化け屋敷の代表になったよ!」といい代表としての責任感から毎日休まず行けるよう風邪予防法をしていました。
みんなで協力すること、トラブルを解決する力、達成感といったことも知ることができました。


保育園では縦割りでみんなで遊ばずしたの子のお世話をするお当番の日もあります。それはそれで貴重な体験ですが、同じ年のお友達とだけ過ごす毎日で、年長ならではの経験が沢山でき本当に良かったなと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 天才を育てる子供部屋
    幼児教育は教育だけではなく「子供部屋」も大事! 幼児教育と聞くと、モンテッソーリなどの「教育法…
  2. 3歳までに脳の8割がつくられる。最重要な幼児教育 幼児教育の為に幼児教室に通うかどうかは、…
  3. 8歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子を子育て中の主婦です。 現在、私は、43…
  4. 5つの幼稚園で悩みました。 自宅から子供の足でも苦労なく歩ける幼稚園が2つ、 少し頑張れば歩…
  5. しちだ・教育研究所とは?  「言葉や文化が異なっても、教育において最も大切なことは変わらない」…
  6. 体験ブログ
    息子は現在五歳で、幼稚園の年中さん。 人見知りが激しく、新しい環境や物事に慣れるまでにとても時…

最近の投稿

ページ上部へ戻る