スポンサードリンク
   
くぼたのうけんWEBスクール

くぼたのうけんWEBスクールとは?


久保田カヨ子氏が、夫の研究をもとに実践した、賢い脳を育てる乳幼児教室、くぼたのうけん。その教室をWEBを通じて学ぶことができます。
脳の最高司令塔「前頭連合野」に働きかけを行い、「ワーキングメモリー」を鍛えることで脳が活性化します。


お子様の脳はどんどん発達していきます。待ってはくれません。
だからこそ成長著しい幼児期に、あたまの知能指数、心の知能指数、そして意思力。これらを総合的に育んでいきます。


「賢い脳を育てる」「頭の良い子を育てる」をモットーとし、お子様の育脳教育を行っています。


くぼたのうけんWEBスクールの月額会費・料金体系


乳幼児版の場合は、月額1,296円となっています。
幼児版は月額3,240です。乳児版と幼児版のセットは、月額3,780円です。

くぼたのうけんWEBスクールの特徴・デメリット



IQを育てたり、脳を鍛えるようなことだけでなく、身体を動かしての運動能力の向上の観点からも脳の発達を支援していますので、その点も魅力的だと言えます。
授業内容についても、「この運動は前頭葉を鍛えている」など、今やっていることがどういう意味を持っているのかをちゃんと親にも示してくれます。

しかも、かなり具体的に教えてくれるので、親の理解にも繋がります。
ですから、子を育てる親にとっても、効果的な子育て法を学べて子育て教育のスキルアップになります。

ただ、脳の教育、IQの成長という教育がメインのため、心の成長や人間教育の面にはあまり触れていませんし、親のための授業という側面が大きいです。
親が授業で教育法を学び、それを家庭で行うことが大前提となります。


くぼたのうけんWEBスクールの口コミ・評判


うちの子は、なぞなぞやクイズが大好きです。
くぼたのうけんの動画教材は、ほとんどがクイズ問題みたいなので遊び感覚で、楽しんで取り組んでいます。

何かというと私と一緒にやりたがるので、家事が終わるまで我慢してということも度々です。
遊びながら、脳の発達に役立っていると思うと、親としては本当にありがたいです。

手放せない教材になっています。
乳児版から使っていますが、英語のネイティブの発音を耳で覚えてしまったので、幼稚園児らしくない発音をして、周囲を驚かせています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 認可保育園と無認可保育園
    保育園には認可保育園と無認可保育園があります。 何が違うのか、私もはっきりとは知らなかった…
  2. 正社員で共働きのお母さんには保育園をオススメします。 私は育休一年で職場復帰しました。 …
  3. 息子も私も気分転換になればいいなと思って始めました。 親からは『0歳から習い事なんてさせてもあ…
  4. しちだ・教育研究所とは?  「言葉や文化が異なっても、教育において最も大切なことは変わらない」…
  5.  私の家から車で5分で行ける私立保育園が4つもあり、恵まれた地域に住んでいます。 私立保育…
  6. 英語であそぼプラネット
    英語であそぼプラネットとは?  放送開始から20年を超す、NHK Eテレの人気子供番組「えいご…

最近の投稿

ページ上部へ戻る