スポンサードリンク
   

絵本クラブ 定期購読とは? 


「幸せな時間」をコンセプトにした絵本の定期配本サービスです。
申し込めば、毎月お手元まで宝物の絵本が届き、素敵な読書習慣をお楽しみ頂けます。


30万人が利用し、多くのお母さんたちから高く評価されている絵本評価サイト「絵本ナビ」が提供しています。
いまさら言うまでもありませんが、「絵本の読み聞かせ」は子育てにおいてとても重要です。

絵本から言葉を学び、色彩豊かな絵で感性を育み、優れた物語で心を育み、読み聞かせで親子の愛情を育みます。


絵本クラブ 定期購読の月額会費・料金体系


毎月の絵本の内容により、料金が異なります。
1ヶ月、2~3冊程度のお届けで、2,000~3,000円です。

絵本クラブ 定期購読の特徴・デメリット


お母さまの好みで絵本を選ぶと、どうしても同じような作品に偏ってしまいがちです。
絵本クラブは、ロングセラーの名作絵本を中心に、読書が楽しくなるユーモア絵本も盛り込み、ご家庭でそろえておきたい良書を選書のプロがバランスよく選んでいます。

お届けする絵本のリストは公開しており、すでにお持ちの絵本は変更することができますし、作品の詳しい情報や先輩ママたちの評価もチェックできます。
また、絵本がお子様に合わなかったり、本が増えすぎて手放す際には、絵本ナビがポイントバックで引き取ってもらえます。


ただ、届く絵本は全てハードカバーなので値段もそれなりにします。
「何度も使うので丈夫なものが良い」という人はいいのですが、「できるだけ安いほうがいい」というかたには、おすすめできません。
それに加えて、ときには自分が小さい頃に読んで思い入れのある作品を買ってあげると、読み聞かせにも力が入ると思います。


絵本クラブ 定期購読の口コミ・評判


寝る前の読み聞かせタイムは、子供と私のかけがえのない大切なものです。
絵本クラブの配本は、自分では選ばないような本も多く含まれていますが、それらが意外と子供にウケたりして新しい発見があります。


親子そろって毎月、絵本が届くのが待ち遠しいです。
自分が幼少の頃に読んだ本、自分が全く知らない本、幅広く選んでいただけるので、大人も十分楽しめます。今後も期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 認可保育園と無認可保育園
    保育園には認可保育園と無認可保育園があります。 何が違うのか、私もはっきりとは知らなかった…
  2. 昨年の4月より、YMCA幼児英語教室2才児クラスに通っています。 早いもので、1年が過ぎよ…
  3. Chaoone!(ちゃおーね)とは?  子供達の豊かな未来を創造する、英語・知育開発・幼児教材の「…
  4. 日本の義務教育とは異なるサドベリースクール サドベリースクールは、全てにおいて日本の義務教育と…
  5. 6歳の娘はこの4月から小学生になります。 だいぶ個性が強く協調性もないので公立の小学校では「支…
  6. 子供を連れて幼稚園の見学に行きました。 夏のある日でしたが、子供たちがボールや泡立て器を使って…

最近の投稿

ページ上部へ戻る