スポンサードリンク
   
アルクのabc DVDボックス

アルクのabc DVDボックスとは? 


何よりもお子様の英語学習を一番に考えて企画制作をしています。
そのため、DVD自体には字幕表示はありませんが、保護者さまが英文をご確認いただけるようにブックレットをお付けしています。

あそび感覚で、まるで「英語と友達」になってしまうようなムービーとなっています。

幼児期から英語をはじめて1年くらいは、英語を何も話さなくても心配せず、親が焦らないことが重要です。
「英語の大好きな子供に育てる」ことを目標とした教材です。


アルクのabc DVDボックスの月額会費・料金体系



教材の一括購入で、35,640円となっています。


アルクのabc DVDボックスの特徴・デメリット


日本語の音声、字幕(英語・日本語共に)をつけていません。
「子供には難しいのでは」と思われるかもしれませんが、お子様には場面や状況から英語を英語のままダイレクトに理解する力が備わっています。


「魔法の耳」を持つ幼児期だからこそ、この教材を楽しむことができます。
英語の世界にひたりきって映像を楽しむうちに、自然と英語を聞き取り、思わず英語をしゃべりたくなる、そんな英語環境を作りだします。


DVDには、アニメ・アルファベット・歌などバラエティーに富んだ内容で構成されており、お子様が飽きずに楽しく見ることができます。


おうちの方向けのブックレットには、DVDに出てきたキーワードやキーフレーズを使った親子で楽しめるゲームやチェックリストを掲載しています。

ただ、DVDとテキストのみの教材のため、単語を覚えるための英語カードなどは、別会社かアルク出版から購入する必要があります。

アルクのabc DVDボックスの口コミ・評判


2歳近くになり、日本語のお話も上手になってきたころに、今頃から英語にも触れさせれば無理なく自然に話せるようになるのでは、と思い購入しました。


何度も見ていると歌などは覚えるようで、英語でしっかり発音するとはいきませんが、メロディーを追うように口ずさむようになりました。

ある日、日本語の絵本を見ていたとき、黄色の傘が出てきたら「yellow」と言っていて驚きました。色なども楽しみながら自然に覚えられるようです。

自然に英語が好きになるには、最適な教材だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の義務教育とは異なるサドベリースクール サドベリースクールは、全てにおいて日本の義務教育と…
  2. やっぱりお高い・・・有名幼稚園の保育料 私立幼稚園に通わせようとしたとき、最も悩んでしまうのが…
  3. 天才を育てる子供部屋
    幼児教育は教育だけではなく「子供部屋」も大事! 幼児教育と聞くと、モンテッソーリなどの「教育法…
  4. こどもちゃれんじベビーとは?  めざましく成長する0歳児の時期に必要な月齢に合った「遊び」と「…
  5. 我が家の小学一年生(7歳)の娘は、年長の時からベネッセの「スマイルゼミ」を受講しています。 …
  6. 娘が取り組んでいたのは体操教室です。 3年保育で私立幼稚園に通っていたのですが、その幼稚園のカ…

最近の投稿

ページ上部へ戻る