スポンサードリンク
   
アルク エンジェルコース

アルク エンジェルコースとは?

英語教育・語学の分野では有名な、「イングリッシュジャーナル」などの英語学習情報誌を出版している「アルク」が提供する「英語耳育成CDセット」です。
耳の黄金期と言われている胎教から3歳までに英語耳を育てます。

この時期に良質な英語に触れることで、日本語とは異なる周波数を使う英語を聞き取る耳を育てるのがコンセプトとなっています。


アルク エンジェルコースの月額会費・料金体系

教材の一括購入となっており、31,320円となっています。


アルク エンジェルコースの特徴・デメリット

学習方法は、「毎日CDをかけるだけ」なのでとっても簡単です。小さな子供に聴くことを強制する必要もありませんし、脳の動きを活性化させるモーツァルトの名曲も入っているので胎教にも適しています。
当然のことながら、CDを聴いているだけでは英語を話せるようにはなりません。

しかし、英語を聞き取る耳は英語学習に非常に役に立ちます。
アルク エンジェルコースは「英語耳」を育てることが目的なので、過度な期待は禁物です。



アルク エンジェルコースの口コミ・評判

自分が留学して苦労して英語を身につけたので、子供には小さい頃から英語の耳を作ってあげたいと思っていました。
赤ちゃんが生まれるにあたり、胎教の意味も兼ねてこのコースを受講しました。


教材のよかった点は、きれいなイギリス英語であること、聞き流しにちょうど良い長さであること、現地での赤ちゃんとのふれあいの言葉が入っていたことです。

子供はまだ赤ちゃんなので変化はわかりませんが、私は聞いていて楽しいのと、英語を聞く耳が少し戻ってきたような感じがしましたし、一日ずっと赤ちゃんに語りかけるのは疲れるので、このCDを聞かせる時間があったことはよかったです。

また、テキストには家族の日常会話の様子があり、そこに出てくるフレーズは、子供と接する時に使えるので、真似して使うようになりました。
現在は、子供に物語を読み聞かせできるように、発音練習し、テキストでフレーズを確認しています。
自分なりに工夫して、親子で一緒に楽しめるので、この講座を選んでよかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の義務教育とは異なるサドベリースクール サドベリースクールは、全てにおいて日本の義務教育と…
  2. 昨年の4月より、YMCA幼児英語教室2才児クラスに通っています。 早いもので、1年が過ぎよ…
  3. やっぱりお高い・・・有名幼稚園の保育料 私立幼稚園に通わせようとしたとき、最も悩んでしまうのが…
  4. 5つの幼稚園で悩みました。 自宅から子供の足でも苦労なく歩ける幼稚園が2つ、 少し頑張れば歩…
  5. 0歳児の時期は、子どもの心に安定感や安心感を与えるため、母親とのスキンシップが重要な時期です。 …
  6. しちだ・教育研究所とは?  「言葉や文化が異なっても、教育において最も大切なことは変わらない」…

最近の投稿

ページ上部へ戻る