スポンサードリンク
   

激化する幼稚園受験事情


最近は、幼稚園のお受験を検討している保護者の方も多いでしょう。
でも、お受験はメリットばかりなのでしょうか。


お受験の問題点についても少しだけ考えてみましょう。

最大の問題点は、お受験するのはお子さんですがお受験を希望しているのが親、という事でしょう。

お子さんの気持ちが伴なうように


2~3歳児の意志や希望を尊重しすぎる事も難しいので、仕方ない事ではあらいますがお子さんの気持ちが伴なわいと、ご両親だけ空回りという事にもなりかねません。
お受験を考えていない子は、公園を走り回り、

汗をかいただけで「いっぱい遊んだね」
三輪車にのれるようになると「すごいね」
粘土や砂場で何かつくると「上手だね」と、


何をしても嬉しくなる言葉ばかり浴びる時期なのです。

1日中親子で過ごせる大切な時間が、お受験準備中心に


お受験をする子は、親がピリピリしていることを、いつも感じているでしょう。
親の顔色をうかがう子もいるでしょう。
褒められる子もいるでしょうが、そうではない子もいるのではないでしょうか。


汗をかくと「風邪をひく」
三輪車は「お受験に関係ない」
粘土はお受験対策になり「もっと上手につくりなさい。」
「○○ちゃんはもっと上手よ」

なんて会話になりませんか?

お受験対策をはじめる前に一度「今大切な事は何か」


1日中親子で過ごせる大切な時間が、お受験準備中心で良いのでしょうか。
勉強よりも、もっと大切なことがあるかも知れません。
もちろん、各家庭の考え方です。
でも、お受験対策をはじめる前に一度「今大切な事は何か」と考えてみて下さい。



そして、ご両親がピリピリしないよう。
お子さんを褒めながら、お受験準備をすすめて頂きたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. ママがお仕事開始となって、子供の預け先で真っ先に思いつくのは保育園です。でも地域によっては、なかなか…
  2.  私の家から車で5分で行ける私立保育園が4つもあり、恵まれた地域に住んでいます。 私立保育…
  3. 天才を育てる子供部屋
    幼児教育は教育だけではなく「子供部屋」も大事! 幼児教育と聞くと、モンテッソーリなどの「教育法…
  4. 娘は、幼稚園年中からスイミングを始めました。 現在、私は、43歳です。 栃木県にある主人の実…
  5. こどもちゃれんじベビーとは?  めざましく成長する0歳児の時期に必要な月齢に合った「遊び」と「…
  6. 0歳児の時期は、子どもの心に安定感や安心感を与えるため、母親とのスキンシップが重要な時期です。 …

最近の投稿

ページ上部へ戻る