スポンサードリンク
   
保育園

2歳の息子をもつ母です。


息子が産まれてからどんなおもちゃを買っていいのかよくわからなかったので、こどもチャレンジを申し込みました。
こどもチャレンジなら毎月月齢に合わせたおもちゃや絵本を届けてくれるので手っ取り早いと思ったからです。


1歳児のこどもチャレンジぷちを受講中にしまじろうの英語教材である『こどもチャレンジEnglish』の案内が入ってくるようになりました。


英語はヤマハの英語教室に通っていて、レッスンでは楽しそうにしているのでそれでいいかなと思っていました。


でも家でヤマハのDVDを見せてもあまり興味がわかないのか、他のおもちゃで遊んでしまったりします。
逆にこどもチャレンジぷちの教材DVDを見せるとしまじろうが大好きというのもあって大人しく見てくれるので、しまじろうの英語教材なら家でも英語とふれあえるかなと思ってこどもチャレンジEnglishも申し込んでみることにしました。


教材は申し込んだら6日ほどで届きました。


英語教材用のしまじろうがとても気に入ったようで、ビーピーというクルマのキャラクターと一緒にDVDに合わせて楽しそうに遊んでいます。

しまじろうとビーピーを近づけるとおしゃべりしたり、リンゴやバナナが描かれた丸いおもちゃを近づけるとちゃんと英語で『an apple,Thank You』などとしゃべるのでとても気に入って何度も繰り返し遊んでいます。


繰り返し遊ぶことで発音を覚えるのか、『appleはどれ?』と聞いてみるとちゃんとリンゴを指差しました。2歳にして英語の単語がわかるのかと我が子ながらビックリしました。


ヤマハの英語教室は実際に先生がいるレッスンだし同年代の子達と一緒に学べるのでそれはそれでいいのですが、家でももっと英語の時間を作りたいと思っていたのでしまじろうと一緒に学べるこどもチャレンジEnglishはかなり効果的だと思いました。


教材費もこどもチャレンジを受講しているので特別価格で受講できるのでお得だと思います。


ヤマハの英語教室は月々5,000円プラス教材費がかかりますが、こどもチャレンジEnglishなら年払いにすると月々2,880円なのでかなり安いです。


ヤマハの英語教室で聞いたことのある歌がこどもチャレンジEnglishでも使われているので相乗効果もあると思います。
親からは『まだ2歳なのに早すぎるんじゃない?』と言われていますが、英語を始めるのは早いにこしたことはないと思うのでこれからも続けていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. しちだ・教育研究所とは?  「言葉や文化が異なっても、教育において最も大切なことは変わらない」…
  2. 昨年の4月より、YMCA幼児英語教室2才児クラスに通っています。 早いもので、1年が過ぎよ…
  3. ママがお仕事開始となって、子供の預け先で真っ先に思いつくのは保育園です。でも地域によっては、なかなか…
  4. Chaoone!(ちゃおーね)とは?  子供達の豊かな未来を創造する、英語・知育開発・幼児教材の「…
  5. 天才を育てる子供部屋
    幼児教育は教育だけではなく「子供部屋」も大事! 幼児教育と聞くと、モンテッソーリなどの「教育法…
  6. こどもちゃれんじベビーとは?  めざましく成長する0歳児の時期に必要な月齢に合った「遊び」と「…

最近の投稿

ページ上部へ戻る