スポンサードリンク
   
ワールドワイドキッズ

Worldwide Kids(ワールドワイドキッズ)とは? 


ベネッセが2007年に提供を開始した幼児向け英語教材です。
英語だけでなくコミュニケーション能力もしっかり育てます。

幼児のために開発された全て英語で構成された教材になっています。
お子様が飽きずに繰り返し楽しめて、グローバルな英語力を身に付けることができます

英語は小学校に上がる前にはじめているかどうかで大きくなってからの英語の姿勢が変わってきます。
幼児期だからこそ、英語へのポジティブな気持ちをはぐくむことが大事だと考えています。

言葉は使う必然性が低い環境では興味・関心を引き出しながらたっぷりふれ・使う体験により言葉を身に付けることができます。


Worldwide Kidsの月額会費・料金体系


0歳から始めるコースの場合、総額226,800円で、ワークショップ、オンラインレッスンの利用は別途費用がかかります。


Worldwide Kidsの特徴・デメリット


幼児教材で圧倒的なシェアを占める「こどもチャレンジ」「進研ゼミ」を出版するベネッセの教材です。
そのため「子供の興味をひくためのノウハウ」「幼児向け学習の研究」などに関しては国内トップクラスの実力を持ちます。

Worldwide Kidsに関しても、英語専門家だけでなく「バイリンガリズム」「異文化教育学」「言語教育学」「発達心理学」の第一人者が結集して開発・監修を行っています。
単なる英語力ではなく、「語らいの力」「発音の力」「聞き取る力」「話す力」「グローバルマインド」「感じる力」といった6つの力をバランスよく育て、コミュニケーション力をともなった英語力を育てます。
本格派の幼児教育教材として十分な品質を持ち、リーズナブルな価格は非の打ち所がありません。


Worldwide Kidsの口コミ・評判


パペットがお気に入りの様子で、DVDをいつも楽しそうに見て真似しています。
ゆっくりペースで進めていますが、いま現在、アルファベットは完璧に覚えていますし、数字も0~10まで言えるようになり、果物や動物の名前も英語で覚え言えるようになりました。
幼稚園の英語の時間も大好きになり、ネイティブの先生と積極的にお話しているようで、親としても満足しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 英語であそぼプラネット
    英語であそぼプラネットとは?  放送開始から20年を超す、NHK Eテレの人気子供番組「えいご…
  2. 6歳の娘はこの4月から小学生になります。 だいぶ個性が強く協調性もないので公立の小学校では「支…
  3. しちだ・教育研究所とは?  「言葉や文化が異なっても、教育において最も大切なことは変わらない」…
  4. こどもちゃれんじベビーとは?  めざましく成長する0歳児の時期に必要な月齢に合った「遊び」と「…
  5. 3歳までに脳の8割がつくられる。最重要な幼児教育 幼児教育の為に幼児教室に通うかどうかは、…
  6. セイハは日本人の先生と、外国人の先生と二人で教えてもらえる 英語を聞く力は小さければ小さい…

最近の投稿

ページ上部へ戻る