スポンサードリンク
   

年齢別で細かくコースが設定されているイーオンキッズ(AEONKIDS)


イーオンキッズ(AEONKIDS)は、

・ベビー1・2歳

・幼児3歳

・幼児4・5歳

・幼児6歳

・小学1・2年生

・小学3・4年生

・小学5・6年生

・中学1~3年生

と、年齢別で細かくコースが設定されています。そのため、子どもたちが無理なくスムーズに英語を習得していくことができるのが大きな特長です。

5つのアプローチで学んでいくイーオンキッズ(AEONKIDS)


良質の英語をたくさん耳にすること、工作や塗り絵など英語を使って目的達成を楽しむこと、体を使って英語になじむこと、ジェスチャーを加えつつ耳から発音を学ぶこと、「聞く・読む・書く・話す」をバランスよく習得することの5つのアプローチで学んでいきます。


また、ネイティブの教師と日本人教師の双方から学ぶことで、活きた英語を聞くことができるだけでなく、上達のコツを学ぶこともできるという利点があります。


授業参観や個人面談などもあるイーオンキッズ(AEONKIDS)



4・5歳からは親が付き添わず、子どもだけでレッスンを受けるようになりますが、その日のレッスン内容も連絡帳を通して知ることができ、家での予習・復習も親が関わりながらできるようにサポートされています。
また、授業参観や個人面談などもあり、子どもの習熟度を把握しやすくなっています。


少し割高だけど魅力的なイーオンキッズ(AEONKIDS)


イーオンキッズの月謝は、他の教室と同程度か少し割高な程度ですが、ネイティブの教師を選択すると少し料金が高くなる設定となっています。

イーオンキッズの教材は少し高めで、自主学習用の教材も購入するようなので、費用はかかるようです。
教材はオリジナルの教材で、大手の英会話教室としてのイーオンのノウハウが生かされており、子どもたちも楽しんで取り組めるよう工夫されています。



実際にイーオンキッズに通っている人の評判としては、教師の質の高さが好評で、イベント等もあり、満足度が高いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. Chaoone!(ちゃおーね)とは?  子供達の豊かな未来を創造する、英語・知育開発・幼児教材の「…
  2. 3歳までに脳の8割がつくられる。最重要な幼児教育 幼児教育の為に幼児教室に通うかどうかは、…
  3. 5つの幼稚園で悩みました。 自宅から子供の足でも苦労なく歩ける幼稚園が2つ、 少し頑張れば歩…
  4. 0歳児の時期は、子どもの心に安定感や安心感を与えるため、母親とのスキンシップが重要な時期です。 …
  5. 日本の義務教育とは異なるサドベリースクール サドベリースクールは、全てにおいて日本の義務教育と…
  6. 娘が取り組んでいたのは体操教室です。 3年保育で私立幼稚園に通っていたのですが、その幼稚園のカ…

最近の投稿

ページ上部へ戻る