スポンサードリンク
   
まいにちがたからもの

パソコン教材で魅力の「まいにちがたからもの」とは?


旺文社が開発したパソコンを使った幼児教材です。使うためには、「パソコン」「プリンタ」「インターネット環境」が必須になります。
「発達心理学」「認知心理学」「社会心理学」「心理言語学」を専門とする4人の先生が監修に携わっており、アナログとデジタルの良さを融合したパソコン教材になっています。


まいにちがたからものの月額会費・料金体系


一年パックの場合、一括払いで12,000円(1ヶ月あたり、1,000円)です。
3ヶ月ごとのパックもあり、3,600円(1ヶ月あたり1,200円)です。



まいにちがたからものの特徴・デメリット


パソコンを使った学習の欠点を、「毎月教材が届くことでやる気を維持」「工作シートで手を使う(脳の活性化)」などアナログ的な面から解消しているバランスの良い教材です。
見ているだけのDVDに対して、パソコン教育では画面上のキャラクターのアドバイスを聞きながら、自分自身の意思で考え操作することで、脳を活性化し、「考える力」や「積極性」を養うことができます。


パソコン教材には、バイリンガルモードという英語モードがあり、幼少期から無理なく英語に慣れ親しむことができ、英語専門教材と併用すれば、効果倍増です。
しかしながら、「紙の教材と比べて親子のコミュニケーションが少ない」「作業を行う機会が少ない」「実物に触れない」など、パソコンならではの欠点があり、そういった部分を他教材で補う必要があります。


まいにちがたからものの口コミ・評判は?


学習を始めて、ひらがなや数字に興味が出てきたようです。
「あえあせて5」など、家庭では普段あまり意識して教えることはないのですが、何度もやっているうちに自然に身についたようで、今後、足し算や引き算などの算数に入る前に概念が少しでも理解できているといいんだなと改めておもいました。


くれよんわあくも、最初はわからずに癇癪を起こすのですが、問題の意味を説明すると納得した様子になり、いろいろ自分で考えているようです。
親のほうが言葉の意味を意識して教えるいい機会になっています。

また、親がイライラしながら教えることでも、すんなりと教材で進んで勉強していて、助かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. ママがお仕事開始となって、子供の預け先で真っ先に思いつくのは保育園です。でも地域によっては、なかなか…
  2. 英語であそぼプラネット
    英語であそぼプラネットとは?  放送開始から20年を超す、NHK Eテレの人気子供番組「えいご…
  3. 『こどもちゃれんじbaby』と言うコースがあり一歳の誕生日から始めました。 生後半年になる息子…
  4. 認可保育園と無認可保育園
    保育園には認可保育園と無認可保育園があります。 何が違うのか、私もはっきりとは知らなかった…
  5. 娘が取り組んでいたのは体操教室です。 3年保育で私立幼稚園に通っていたのですが、その幼稚園のカ…
  6. 体験ブログ
    息子は現在五歳で、幼稚園の年中さん。 人見知りが激しく、新しい環境や物事に慣れるまでにとても時…

最近の投稿

ページ上部へ戻る