スポンサードリンク
   

0歳児の時期は、子どもの心に安定感や安心感を与えるため、母親とのスキンシップが重要な時期です。

首が据わるまでの時期には、特に外界からの刺激を受けるとどんどん脳が発達していき、赤ちゃんが「気持ちいい」という感覚を持つようになることが重要です。


 

0歳児の首据わりからお座りの時期には、見る・聞く・手で触るなどの感覚気から入ってきた刺激を結び付けて理解したり、知識を増やしていくという段階になります。

お座りの時期では、足腰や背中の筋肉が発達し、先を予測する力が発達していきます。

ハイハイからつかまり立ちの時期までには行動範囲が広がり、運動パターンを脳と体が覚えていく時期です。

この段階に合わせ、テンポの良い取り組みや興味を引くカラフルな教材で五感を刺激する教育法で、フラッシュカードを使ったり、指先のトレーニングを用いた幼児教室も開かれています。

一方で、この時期には教室に通わせなくても家庭で意識して実践しているという人のほうが多いようです。その方法としては、積極的に話しかけること、色や匂いなどの刺激を意識して与える、絵本の読み聞かせをするなどが多いようです。

 

この0歳児の時期には、教育よりもおおらかにゆったりと育てたいと言う人もいれば、脳の成長が著しいこの時期によりよい教育を与えることで才能を伸ばし、可能性を広げたいという考えの人もおり、「0歳児教育」というものに対する考え方は様々です。

 

どちらの場合においても、この0歳児の時期に最も重要なのは母親とのスキンシップであり、安心感や安定感を持って成長するために欠かせないものであるため、意識的にスキンシップを図ることが最も重要であると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 認可保育園と無認可保育園
    保育園には認可保育園と無認可保育園があります。 何が違うのか、私もはっきりとは知らなかった…
  2. 子供を連れて幼稚園の見学に行きました。 夏のある日でしたが、子供たちがボールや泡立て器を使って…
  3. ワールドワイドキッズ
    Worldwide Kids(ワールドワイドキッズ)とは?  ベネッセが2007年に提供を開始…
  4. ママがお仕事開始となって、子供の預け先で真っ先に思いつくのは保育園です。でも地域によっては、なかなか…
  5. セイハは日本人の先生と、外国人の先生と二人で教えてもらえる 英語を聞く力は小さければ小さい…
  6. 『こどもちゃれんじbaby』と言うコースがあり一歳の誕生日から始めました。 生後半年になる息子…

最近の投稿

ページ上部へ戻る