スポンサードリンク
   

日本の義務教育とは異なるサドベリースクール


サドベリースクールは、全てにおいて日本の義務教育とは異なります。
子供にとって、このような環境で学ばせたいと思う反面、心配になることや不安も抱えるかもしれません。


しかし、サドベリースクールは学校見学・学校説明会・学校体験・その他イベントなど、サドベリー教育についての話を聞いたり、体験できたりすることで、調べたり人から聞いたりしただけの情報ではなく、実際に一歩踏み込むことができるので、悩みもなくなることでしょう。



学校見学については、学校により日にちが決まっているようですが、実際に生徒が活動している様子を見ることができます。
授業参観のような感覚でしょうか。


サドベリースクールに限ったことではありませんが、人の噂話やインターネットの情報だけでは、見えない本当の姿、感じ方は個人個人異なりますから、見学できることは貴重なことだと思います。
学校説明会は、やはり学校により異なるとは思いますが、見学のように随時というわけではなく年に1回程度、学校側が決めた日に行われるようなので、その日に都合をつけて参加することになりますね。


サドベリースクールの学校体験にも色んな種類が


最後に学校体験ですが、これも学校により異なるとは思いますが、1日だけ体験できるもの、1週間体験できるもの、1か月体験できるものなどがあるようです。


1日体験だけでは、わからないこともあるかと思います。

学校側が受け入れ体制が整っている状態(1週間体験や1か月体験ができる学校)でしたら、少し長いスパンで考えて体験することで、お子さんが「ここで学びたい」と思うのか、保護者の方もお子さんの姿を見て、不安も解消されて決めることができていいのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. Chaoone!(ちゃおーね)とは?  子供達の豊かな未来を創造する、英語・知育開発・幼児教材の「…
  2. ワールドワイドキッズ
    Worldwide Kids(ワールドワイドキッズ)とは?  ベネッセが2007年に提供を開始…
  3. 正社員で共働きのお母さんには保育園をオススメします。 私は育休一年で職場復帰しました。 …
  4. 0歳児の時期は、子どもの心に安定感や安心感を与えるため、母親とのスキンシップが重要な時期です。 …
  5. 6歳の娘はこの4月から小学生になります。 だいぶ個性が強く協調性もないので公立の小学校では「支…
  6. 子供を連れて幼稚園の見学に行きました。 夏のある日でしたが、子供たちがボールや泡立て器を使って…

最近の投稿

ページ上部へ戻る