スポンサードリンク
   

初めて子供を保育園に預けようと考えたとき、一体どこにすれば良いのだろうとすごく困りました。


地元ではなかったので何処にあるのかも分かりません。子供が出来なければ保育園なんて無縁の場所ですから情報も全くありません。また情報があったとしても保育園がどういう所なのかもあまり理解出来ていないまま、とにかく仕事復帰の日は決まっていますから探すしかなかったですね。


まず通勤に便利な範囲の保育園をチェックし、全ての場所の外観を見て回りました。
こじんまりしている所や暗い感じの所はひとまず候補から外します。
明るくて綺麗な遊具があるような所を何ヵ所か電話で問い合わせました。

結果、選んだ所は自宅からは少し遠いけれど通勤中に立ち寄れる、大きなアンパンマンの乗り物がある可愛らしい保育園。設立して数年しか経って居ないのだそうです。どうりで綺麗だと思いました。(笑)


無認可の保育園だったので産前の休暇に入って直ぐにまだ産まれてもいない我が子の一年後の申し込みを済ませました。
元気に産まれてくる保障もないのにと少し抵抗はありましたが、一杯で入れなくなっては困りますから。


入園説明会に参加し初めてその保育園は「裸マラソン」を売りにしていると言うことを知りました。
また三ヶ所に同じ系列の保育園を展開している、地元では比較的規模の大きな所ということもその時初めて知りました。


外観で選びましたが結果的にとても良い保育園に巡り会うことが出来ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『こどもちゃれんじbaby』と言うコースがあり一歳の誕生日から始めました。 生後半年になる息子…
  2. 天才を育てる子供部屋
    幼児教育は教育だけではなく「子供部屋」も大事! 幼児教育と聞くと、モンテッソーリなどの「教育法…
  3. 日本の義務教育とは異なるサドベリースクール サドベリースクールは、全てにおいて日本の義務教育と…
  4. 5つの幼稚園で悩みました。 自宅から子供の足でも苦労なく歩ける幼稚園が2つ、 少し頑張れば歩…
  5. 我が家の小学一年生(7歳)の娘は、年長の時からベネッセの「スマイルゼミ」を受講しています。 …
  6. しちだ・教育研究所とは?  「言葉や文化が異なっても、教育において最も大切なことは変わらない」…

最近の投稿

ページ上部へ戻る