スポンサードリンク
   
ネイティブ・キッズ

ネイティブ・キッズとは? 


ケント英会話学院提供の子供向けの英語学習教材です。
DVDやカードなどで構成され、発音に特化した教材となっており、正しい発音を身に付けることを最大の目的としています。


ネイティブ・キッズの月額会費・料金体系


一ヶ月ごとに教材が少しずつ送られてくるのではなく、教材一式まとめての購入となっており、料金は29800円(税別)です。

ネイティブ・キッズの特徴・デメリット


正しい発音を身に付けることを目的とした教材のため、文法などの要素はありません。
文法、記述などは年齢が上がってから取り組む方が効果的に学習できるという方針のためです。

最初のアルファベットに注目をする「アリタレーション」、単語の最後の発音に注目を「ライミング」のメソッドで音を覚えていきます。
幼児向けの英語教材や学習教材のDVD多くはアニメ映像ですが、あえて実写の映像でDVDを構成しており、ネイティブが発音する口の動きなどを理解しやすいようになっています。

DVDは105日分のタスクに分かれており、順番に学習することで難しい発音を徐々に学習していく構成になっています。
デメリットとしては、学べる英単語が300と少ないことです。


ネイティブ・キッズの口コミ・評判


DVDは毎日好きなだけ自宅で見ることができ繰り返し使用できます。
また、DVDの映像のなかに唇の動きが出るものがあり、音声を聞きながら、唇の動きを真似することができ、これがとても参考になりました。

小さな子供は真似するのが上手なので、このように大きく画面上に出るのはいいなと思いました。
英語教材としては、価格的にお手頃なのも、購入の決め手となりました。

一日の勉強時間を5分に絞っているので、幼い子供でも集中して取り組めています。
また、英語のクイズやカードゲームを使って遊びながら復習できるので、英語=楽しいという印象をつけることができました。

このことで、自分から英語を普段の生活に取り入れるようになり、「これ、英語でなんていうの?」と子供から聞いてくることが増え、身の回りにあるものを英語でも表現しようとするようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 8歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子を子育て中の主婦です。 現在、私は、43…
  2. 6歳の娘はこの4月から小学生になります。 だいぶ個性が強く協調性もないので公立の小学校では「支…
  3. 英語であそぼプラネット
    英語であそぼプラネットとは?  放送開始から20年を超す、NHK Eテレの人気子供番組「えいご…
  4. 保育園
    2歳の息子をもつ母です。 息子が産まれてからどんなおもちゃを買っていいのかよくわからなかったの…
  5. しちだ・教育研究所とは?  「言葉や文化が異なっても、教育において最も大切なことは変わらない」…
  6. 我が家の小学一年生(7歳)の娘は、年長の時からベネッセの「スマイルゼミ」を受講しています。 …

最近の投稿

ページ上部へ戻る